土山の深い緑に包まれた歴史ある

みちびきの宮

家紋 白川神社 近江土山祇園社
| トップ | 花傘笠巡行 | 花傘神事 | 神輿宮出 | ブログ |
TOP>花傘神事

 

花傘神事

 白川神社では毎年七月末〜八月初めの土・日曜日に、祇園祭と呼ばれる「近江土山祇園祭花傘神事」が行われます。

 疫病の災厄から土山の町を守りたいとの願いを込めて神事が行われ、現存する最古として今から400年程前、承応三年(一六五四年)に花傘神事が執り行われた記録の残る伝統行事です。

 竹を組んだ十四基の花傘に、牡丹の花に似せた手作りの花を30本、中心の芯花をあわせて365日の無病息災を祈願しています。花傘巡行によって集められた町中の疫病、災厄をこの神事をもって神威を仰いで鎮めることとなります。花傘鉾から花を奪い合う「花奪い行事」は土山の夏を代表する伝統行事になっています。

花傘神事

子供神輿 放生神事 籤 花笠神事
祇園祭宵宮 花傘山車巡行 放生神事 祇園祭本宮 花傘籤取式 花傘神事
当ページに掲載されている情報・画像を、無断で転用・複製する事を禁じます。 Copyright (c) 2013 白川神社祇園祭保存会. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system